2040年01月01日

トップページ 真顔日誌作成

【この記事はトップです】

真顔勢のブログをつくりました(^q^)
このブログでは主にヴァイスシュヴァルツの大会レポや考察記事などが掲載されます
デッキレシピも掲載しております
豊富な大会記事やデッキレシピが閲覧する皆さまの参考になれば幸いです


*真顔勢は、ヴァイスシュヴァルツのショップ大会等に出没するカードファイターです。稀に動画もUPしてます。いろいろな人がいますが、悪い人じゃないので大会とかで見かけたらよろしくお願いします




【真顔速報】
真顔勢福岡支部のブログの運営がスタートしました。
福岡支部の対戦成績...etcはこちらで引き続き更新していきますので
こちらも遊びに来てくださいね!
 ↓
〜真顔勢福岡支部のブログ〜

続きを読む
posted by 池袋真顔勢 at 00:51| Comment(0) | トップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

真顔杯 注意事項

こんにちは。たきしまです。

今回はコロナの影響で大変なご時世ですが、11/7(土)と11/8(日)に真顔杯を開かせていただくことになりました。

ですが、普段の大会とは違う点が色々ございますのでこちらに書かせていただきます。チーム全員、確認した上で参加をしていただけると助かります。



 参加費について

普段はカードショップ様に商品やスペースを貸していただく+お手伝いの方に助けていただいて経営してきましたが、現環境ではそれも難しい状態です。


・商品の質の可能な限りの維持

・非接触型体温計や消毒液などの感染症対策用品の準備が必要

・その他、場所代などの経費が必要

・コロナによるキャンセルなどのリスク


の点から参加費を1500→2000円とさせていただきます。



少し割高な値段になってしまいますが、ご理解していただけると助かります。




 感染症対策について

コロナ感染症対策として以下のことをさせていただきます。

@入室時に非接触型体温計による体温測定

A対戦中や休憩時の換気

B対戦終了後の机と椅子の消毒(試合終了後、参加者の皆様にしていただきます。)

C全プレイヤーマスクの着用

D受付混雑を避けるためにPayPayでの代表様による大会参加費の先払い

E大会観戦の制限


また以下の方は大会参加をお断りさせていただきます。

@マスクの着用拒否される方

A非接触型体温計による体温測定にて体温が          

 37.5℃以上ある方

B主催者が体調不良と判断した方

C上記の感染対策や運営の指示に協力をしていた  

 だけない方





 観戦やフリースペースについて

大会に参加されていない方の観戦は原則禁止とさせていただきます。

また大会参加者の観戦にもいくつかルールを設けます。


@予選時

密を可能な限り避けるため、A.Bブロック共に予選3回戦時のみチーム代表1名様のみ観戦を許可します。

同チームでの2人以上の観戦が発覚した場合、退出などの措置を取らせていただきますのでご注意ください。


A決勝リーグ

決勝リーグに関しては観戦をしたい方は主催たきしままでお願いします。

おおよそ10名程度までは許可を出す予定ですのでよろしくお願いします。


主催者への連絡なしでの観戦はご遠慮いただくようお願いします。

@とA共に極力、部屋の出入りを避けていただけると助かります。


B例外

今回のCSですが、ガハハチャンネルへの動画投稿を行う予定です。チャンネル運営者ふらめのみA.Bブロック共に出入りを許可します。

また、運営の人数が少なく主催者がタイムキーパーなどで大会の進行上必要と判断した方も出入りを許可させていただきます。

他の参加者より長く部屋に居れるから有利などあると思いますが、ご了承ください。


Cフリースペース

大会中のフリースペースは開放しない予定ですのでご理解していただけると助かります。




 参加費の支払いについて

参加費の支払いですが、大会受付時の密を防止するためにPayPayによる先払いでの対応とさせていただきます。


@方法

参加受付が始まり埋まり次第、DMにて本人様確認をさせていただきます。その後、PayPayによる支払いの仕方などのDMをさせていただきます。


Aキャンセルについて

キャンセルされる場合は大会開催2週間前の10/25(月)までに必ずお願いします。それまでのキャンセルに関しては返金対応を行わせていただきます。

それ以降のキャンセルはキャンセル枠の繰り上げが無い場合は返金対応を行わない予定ですのでご注意ください。




 大会時の休憩について

会場のレンタル時間が普段より短く、大会進行に遅れを出さないようにするため休憩はトイレ休憩のみとさせていただきます。会場の外に出るなど長めの休憩はご遠慮していただくようお願いします。

リフレッシュ休憩やタバコ休憩に関しては予選4回戦終了時と決勝トーナメント時に主催者が時間的に大丈夫だと判断した場合のみにしていだけると助かります。


大会運営に支障をきたすレベルの休憩等は注意させていただく場合ございますのでご了承ください。




 大会開催場所やイザジンについて

開催場所、開始時間共に違うのでしっかりとイザジンを確認した上でのご参加をお願いします。


11/7(土)

場所愛知県 名古屋会議室 セントレイクレノン錦伏見店

開場:10

受付開始:9/28(月)20


https://www.izazin.com/taikai/14920001



11/8(日)

場所愛知県 名古屋会議室 大須アメ横会議室店

開場:9

受付開始:9/29(火)20


https://www.izazin.com/taikai/38820002



 最後に

少し長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

色々とややこしい面あると思いますが、大会を安全に開くためのものですのでご理解していだけると助かります。

何かわからないことありましたら、主催者たきしまへ連絡していただけると助かります。

posted by 池袋真顔勢 at 12:59| Comment(0) | 考察記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

2020 SAO CXダイエット

ソードアート・オンライン 10th Anniversaryのブースターが発売しました。
今回はその中の天真爛漫ユウキと、それに関連して「CXの投入枚数」について考察していきます。

天真爛漫 ユウキ
SAO-S71-038R.jpg

山札を11枚落として、《Anniversary》のキャラが沢山落ちる程強力になるカードです。
11枚全て《Anniversary》のキャラの場合は一面あたり5パン相当になります。
これはすごい!
毎試合これができたらヤバいんじゃないか?

というわけで、今回は11落下を安定して成功させる構築について考えていこうと思います。


◇構築段階でのポイント

・デッキを《Anniversary》のキャラに統一する

旧弾に《アバター》や《フラクトライト》といった広いプールがありますが、今回は邪魔なので排除。
イベントも確実にサーチして握れない限りは、引けなかった時に足を引っ張るのが目に見えているので諦めます。


・CXも邪魔

この話題が今回のメインです。
実は、CXも抜いてキャラだけのデッキにしてしまえば絶対成功しますね(!?)
まあ、そもそもユウキがCXコンボなので、キャラだけのデッキにはなり得ないのですが…
極端な話、CXが対応1枚だけならその時点で絶対成功するデッキです。

実際には、CX1枚で勝てるのか疑問なので、適正枚数を探っていこうと思います。



◇プレイングのポイント

・CXを戻さない

ユウキのCXコンボを発射するタイミングで0戻りになっていれば11落下は確実に成功します。
これを狙うにはCXを控え室以外のどこかへ退ける必要があります。
手札やストックに集めるのもいいですが、CXコンボの段階でコストで控え室に落ちる可能性があるので、レベル置き場に置くのが確実です。
通常ならまずしないプレイングですね。

ちょうどいいことに、《Anniversary》のキャラにレベル置き場入れ替えがいくつかあるので、これでCXを収納するのが良さそうです。



◇実際に回してみると

実際に、CXの枚数を減らしていきながら試してみました。
今回は、黄昏のイノセンスを道中のCXコンボとして採用。
SAO-S71-072RR.jpg
デッキのCXを減らしていくと段々回収効果が使いやすくなって面白い。
対応CXのトリガーが相性抜群なので相方を入れるならこれかなといったところ。
CX4枚以上のデッキではこれを使いました。

《Anniversary》のカードは、最新弾なだけあって、かなりカードパワーが高く、旧弾を使わないことやイベントを諦めたことによるハンデはほとんど感じませんでした。
問題はCXの枚数です。
CXを減らしたデッキは普段とかなり感触が違い、別のゲームと言える程でした。
以下デッキのCXの枚数毎の感想です。


・8枚
普通のデッキと同じ。
というか、それなら普通のデッキのつもりで組んで使った方が良い。

・7枚
8枚とたいして変わらない。
CXコンボは全然成功しないくせに、いつもちょっと戻りが少ない分普通に弱い。

・6枚
上手い具合にCXがストックに嚙んだりすると0戻りが狙える。
普通に戦うけど、ちょくちょく火を噴くくらいの印象。
必ず11枚成功を狙うならまだ絞った方が良い。

・5枚
このあたりから一周目の弱さが目立ってくる。
ドカドカ通るので、普通のデッキとは全く違うゲームプランが必要。
CXコンボはかなり成功しやすい。

・4枚
4枚の内、最低1枚はユウキのCXなので、他のCXは入れれて3枚。
つまり、他のCXコンボを採用することが難しくなってくるのがこの枚数。
ユウキのCXコンボについては、山を作るのが簡単になった分、コストの事情で苦しいシーンが目立つ。

・3枚
打点負けが著しい。
途中でCXを使わないとユウキの殺傷圏まで届かないのに、そのCXがない。
CXコンボ自体はまず失敗しなくなる。

・2枚
ここまでくると、山の事情は気にしなくて良くなり、これまた全く別のデッキ。
ユウキ2面以下だと、それまでに相手を殺傷圏に押し上げるのが難しいため、3面特化が強い。
ただし、点が進むのがはやすぎるので、ファイナルターンまでにユウキ3枚とコストを用意するのが難しい。

・1枚
そもそも、CXを握ること自体が怪しい。

・0枚
デッキではない。


というわけで、CXを減らした感想です。
「CXが減るとキャンセルしなくてヤバい」というのはすぐに想像がつくところだったのですが、同時に「CXがないと相手の点も進まない」「CXがないとこちらのリソースも増えにくい」といったデメリットも重くのしかかってきました。

ユウキ2面を目指す場合とユウキ3面を目指す場合の間にも大きな差があり、2面は、準備期間に相手がいくらダメージを貰ってくれるかを気にする一方で、3面の場合は、発射出来たら相手のライフにかかわらず勝てるものとして、それまでに効率よく手札とストックを増やすことに専念するデッキといった印象でした。
特に、CX3枚以下のデッキでは、道中で使う分のCXがあるとは限らないため、ユウキ3面で点を詰める方向でまとめるしかない気がします。
その分、山の事情はほとんどノータッチでCXコンボが成功するので充電特化になります。


以下、使ったデッキです。
CX5枚のデッキとCX2枚のデッキがけっこういい感じでした。

CX5枚
IMG_E7063.JPG
黄昏のイノセンスで点を押し込みながらユウキ2面を準備します。
CX交換を投入することで、CXを絞っているのに両方のCXが5枚あるかのように扱う作戦が上手くいきました。


CX2枚
IMG_E7065.JPG
CXコンボはなしで、ユウキ3面を準備します。
3面には手札10枚が必要なので、あらかじめ後列にヒースクリフかキリト&ユイを置いておいて発射するターンに補充します。


どちらもスピードゲームになるので4投中心で毎試合同じ動きができるようにしました。



◇相性がいいなと思ったカード紹介

《剣》へのこだわり キリト
kodawarito.jpg
「爆アドキリト」
デッキにほとんどハズレがないので、安定して2枚ゲットしてくれます。
すごく強いのですが、逆に、このカードをストックやクロックにすっ飛ばされるとキツイ。


レイピアの名手 アスナ
murryoasna.jpg
「無料早出しアスナ」
控え室のCXを減らすデッキなので自然に条件を満たせてしまいます。
やりたいことの中継として優秀なので、経験を無視しても十分すぎるほど強いカード。



◇まとめ

ユウキの11連撃が決まっても、確定で勝利するわけではないため、最後にどうしてもお祈りしなければいけないのがこのコンセプトの苦しいところでした。
どの構築でも、ユウキのCXコンボを発射するときは、山がガバガバの決死のアタックなので、どこまで詰めても一発芸の域を出ないのかなというのがとりあえずの感想です。

CXを減らしたデッキを組むということ自体はとても面白い試みでした。
いつもの構築やプレイングの定石が全く通用せず、また逆に、CXを減らすことでテキストが強化されるカードがいくつも発見できたことが個人的にワクワクしたポイントです。
デッキのCXを減らすことで、「爆アドキリト」「無料早出しアスナ」等のパワーカードが生まれ、悪いことばかりじゃないなと感心しました。
もしかしたらまだそういったカードが潜んでいるかもしれません。
みなさんも探してみてください。

この記事を読んでちょっとでも「おお、やべえ」と思った人は一度試してみると面白いと思います。
まだまだワケが分からないところが多いので、もしかしたら超強いデッキに化ける可能性もあります。
なにより、一試合が短いので手軽に試せます笑



今回はここまでです。
次は何かデッキの記事にしようかなと思っています。
次回もご期待ください

以上ぺヤングでした。
posted by 池袋真顔勢 at 22:52| Comment(0) | 考察記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする